新宿通りにブルーカーペット 映画『ホットロード』の出演者・能年怜奈と「三代目J Soul Brothers」が集合!

1986年から翌年まで別冊マーガレットで連載され、コミックが全4巻で700万部という驚異的な発行部数を誇る不朽の名作『ホットロード』がついに映画化! 8月16日(土)より全国の映画館で公開されます。そのプロモーションイベントが13日、新宿大通りで行われ、出演の能年怜奈と三代目J Soul Brothersのボーカル登坂広臣など豪華キャスト陣が集合し、会場は大勢のファンらによる黄色い歓声であふれました。私も黄色い声援をあげに……ではなく取材をしに行って来ました!

 

連載当時、何度も繰り返し読み、その世界に浸ってきた世代のファンはもちろん、主人公に共感する今の若者にも読み継がれている『ホットロード』。今回映画化となったきっかけは、原作者の紡木たくが主人公の和希に“伝えたいメッセージがあった”からとか。約30年の時を経たいま、満を持しての映画化で原作者のメッセージがどう反映されているか、公開を待ち遠しく思うファンも多いでしょう!

 

ストーリーは、母親の愛に飢えた主人公の和希と不良少年、春山の純愛。そして家族の再生の物語です。会場で流れていた主題歌は尾崎豊の『OH MY LITTLE GIRL』。この映画と同じように夢や愛をストレートに伝える名曲のひとつで、まさにこの映画そのもののような存在感を放っていました。

 

この作品は、愛とは縁遠く三十路を迎えてしまった私に必要な映画なのかも。純粋に人を想っていたあの頃の自分を思い出しに、映画館へ行ってみようと思います!

 

ちなみに、今回のイベントは9月6日(土)、7日(日)に開催される『シネ・フェスタ新宿2014』のアドバンスイベントでした。『シネ・フェスタ新宿2014』とは、『新宿クリエイターズ・フェスタ2014』(8月22日~9月7日)のイベントの一つで、各界のトップクリエイターたちが映画音楽、新宿での映画の楽しみ方、映画制作の舞台裏の話など映画についてさまざまに語るイベントです。会場は新宿スタジオアルタで、入場無料。近日、専用サイトもオープン予定なので要チェックです。

最新情報をチェックしよう!