ジューシーなロティサリーチキンが自慢!「BROTHER飲食堂」

6月13日(金)に新宿一丁目にオープンした洋風食堂「BROTHER飲食堂」。30代前後の爽やか兄弟が立ち上げたお店で、木材を使った温かみのあるビンテージ風の店内はフレッシュな木の香りに包まれています。

 

看板メニューは、鶏肉を骨付きのままじっくりと低温であぶり焼きした「ロティサリーチキン」。噛んだ瞬間にしたたる脂と、パリッとした皮の食感。身もぷりっとしていて夢中でかぶりつきました。ただ、あいにくこの日はランチに行ったためお酒は断念……。次は夜に行かないと!

最新情報をチェックしよう!