愛媛県・八幡浜のソウルフードが四谷に上陸! 「八幡浜ちゃんぽん 莢(SAYA)」

 6月4日、四谷四丁目交差点にガラス張りのカフェのような店がオープン。しかし、よく見ると看板に“ちゃんぽん”の文字が。気になったのでとにかく入ってみることに。
 白を基調とした店内は、黒い椅子のカウンター席とテーブル席のカフェバー風。こんなおしゃれな店で、一体どんなちゃんぽんが出てくるのか!? さっそく『八幡浜ちゃんぽん』(690円)を注文。
 
 ところで、八幡浜ってどこでしたっけ? 調べてみると、四国の愛媛県にありました。なんでも八幡浜市は、商工会議所が主体となって“ちゃんぽんプロジェクト”なる町おこしを行っているらしい。市内にちゃんぽん提供店を増やしたり、八幡浜ちゃんぽんのPRキャラクターを登場させたり、ラジオドラマを作ったりと、これまでさまざまな活動を行っているようだ。 

 

 ちゃんぽんと言えば、とんこつと鶏がらの白濁したスープしか知らない私は、出てきたちゃんぽんにビックリ。スープが茶色いのである。ムムム!? これってほんとにちゃんぽん? 確認すると、八幡浜のちゃんぽんは、鶏がらといりこでダシをとるのだとか。スープの味はあっさり系。じゃこ天の香ばしさがかすかに鼻に抜ける。食べていくうちに野菜や豚肉の旨味がじわじわとスープに溶け出して、だんだんまろやかな味わいになってくる。麺は八幡浜製のこだわり麺を取り寄せているとのこと。

 

 いやはや、店構えでもちゃんぽんでも、こちらのイメージ(思い込み)をひっくり返され、なかなか面白い体験ができました。
 ちなみに、現在冷やしちゃんぽんも開発中だとか。こちらもぜひ一度味わってみたい。

 

八幡浜ちゃんぽん 莢(SAYA)
新宿区四谷4-9グゥビル1階
電話 03-6380-4938
営業時間 11:30~23:00(L.O.22:00)
休み なし

最新情報をチェックしよう!