おやすみホログラム初ワンマン成功で八月ちゃん、かなみるも涙

『JG』80号より連載がスタートした八月ちゃんと、望月かなみ(通称:かなみる)からなる2人組アイドルグループ・おやすみホログラム(通称:おやホロ)の初ワンマンライブが、9月22日(火)新宿LOFTで開催されました。

 

当日は、チケットソウルドアウトで熱狂的なおやホロファンが大集合。おやホロが登場するなり、檻から放たれた猛獣のように雄叫びを上げ、煽り、アクセル全開。

 

「ふたりで活動するようになって約1年。最初のうちはお客さんがいなかったりして、いろんなライブをしてきたのですが、みんなに知ってもらうきっかけとなった曲からはじめたいと思います」(八月ちゃん)と、代表曲『note』でスタート。ファンの全身全霊のコール、ダイブ、ケチャを力に、ふたりも全力で約2時間のライブを駆け抜けました。

 

「最初にステージに出てきたとき、ライトが点いて後ろまでみんなの顔が見えて、一瞬ひるみました。いっぱいの人に集まってもらえてとっても嬉しいです」と、緊張しながらも八月ちゃんが感謝の言葉を口にすると、「以前はお客さんの数を数えていたけれど、今日は数え切れない」と、かなみるも笑顔を見せました。

 

そして終盤、「ちょっと待った!」と、ファンからサプライズで花束をプレゼントされると、それまで張り詰めていた緊張の糸が切れたのか、八月ちゃんの目から涙が。「ごめんなさい、泣いちゃったぁ……。昨日、ライブ前でちょっとブルーになっていて、どれだけお客さんが集まるか知らなくて、いつも(プロデューサーの)小川さんに怒られたりとか……」と、抱え込んでいた気持ちを吐露。

 

しんみりした空気が苦手なのか、場を和ませようと変顔を見せていたかなみるも「私もめっちゃ怒られるし、だけど小川さんにはお世話になりっぱなしで、やってきて良かったです」と、クールにコメント。そんなかなみるも、最後の曲では涙を隠すように天井を見上げてシャウト。ファンとの一体感もふくめ、この日一番の“エモい”瞬間でした。

 

9月16日(水)には初アルバム『おやすみホログラム』を発売し、一部の店舗では即完売になるなど、勢いに乗っているおやホロ。これからのさらなる活躍が楽しみです。

最新情報をチェックしよう!