『ジェイジー』(vol.104)「ケンズカフェ東京」イメージガール・黒崎レイナさんインタビュー

本誌に掲載しているガトーショコラ専門店「ケンズカフェ東京」のイメージガールシリーズ。最新104号では、明日10月10日(木)にファースト写真集『麗』を発売する、女優の黒崎レイナさんが登場。10月13日(日)にはブックファースト新宿店で発売記念イベントも開催。写真集の見どころをはじめ、新宿の思い出や食へのこだわりについて話してくれました。
 
――写真集はいつ頃から出したいと思っていましたか?
 
中学1、2年生頃、このお仕事をはじめて2、3年くらいです。写真集を出したがる年頃というか、当時はまわりのモデルの人たちと写真集出したいねって話したり、すでに出している人もいて、「やりたい!」ってずっと言っていました(笑)。一冊全部自分のことしか詰まっていない本って憧れじゃないですか。お洋服とか自分の好きなものや表情を見せられる本。二十歳までに出したかったので、いろいろな縁もあって、二十歳の記念に出せて嬉しいです!
 
――待望の写真集。やりたいことはできましたか?
 
はい! 自分の中でイメージがかたまっていたので、たくさん関係者の方々と話し合いをして、期間も長くとっていただきました。今年の2月から半年間くらい。季節によって自分の見せ方をかえたくて、お花や雪、海、ご飯も好きで(笑)、全部撮りました。初めての水着やセクシーな下着姿っぽい写真もあります。
 
JG104_hyou2_2a
 
――二十歳まで水着写真を撮っていなかったのは、事務所NGだったとか……?
 
そういうわけではなくタイミングをみていました(笑)。二十歳って子どもと大人の狭間じゃないですか。だから、さすがに色気は出ていると思うし、色気を出したいと思って、撮りました。
 
――満を持しての水着姿ということで、発売が楽しみですね。
 
おしりからくびれのラインをぜひ見てほしいです(笑)! くびれや腕のまるみとか、女性らしいライン・曲線がすごく好きで。ジムに通ったり食事制限をしたり。有酸素運動もダンスもしました。痩せすぎない、筋肉をつけすぎない、脂肪を落としすぎないよう、キレイでフレッシュな体づくりを意識しました。
 
JG104_hyou2_3a
 
――女優業では、今後やりたい役柄はありますか?
 
いままでもやっていますが、やっぱり学生役がやりたいです! ちょっとサイコパスだったり、ぶっとんだ人だったり、殺人鬼とか(笑)。少女マンガの実写版のような王道なヒロインもいいな。普通の役ではなく、面白い役をやりたいです。音楽を聴いたり、カラオケも好きなので、アイドルとか劇中で歌う役もやってみたいです!
 
――新宿で思い出の場所はありますか?
 
もうなくなっちゃったんですけど、私が高1くらいのとき、いちごミルクが美味しいカフェがあって。いまもインスタとかにいちごミルクを載せることがあるのですが、そのカフェがきっかけでいちごミルクが好きになりました。新宿三丁目で、いまのビックロ近くかな。そこで台本を読んだり、打ち合わせをしたり。自分で作ることもあるけれど、たぶん牛乳が違うのかな。いまだにそのカフェの味を再現できなくて……。
 
――そのカフェ気になるので、読者の方の情報お待ちします(笑)。ところで、黒崎さんは料理お好きなんですね。
 
タピオカもブームがくる前から好きで、自分で乾燥タピオカを買って作ることもあるのですが、最近はブームの影響で手に入らなくて……。男飯(おとこめし)も好きで、カレーや肉じゃがも作ります。ラーメンや(チェーン店の)チーズ牛丼やねぎ玉牛丼を食べるのも好き。あと、料理をするときはレシピを見ない派で、味を想像しながら作るのが好きです。
 
――ガトーショコラを作ったことは?
 
何度かあるけれど、プロの味には近づけず……。ケンズカフェ東京さんの『特撰ガトーショコラ』は以前差し入れでいただいたことがあって、それがすごく美味しくて! でも、再現は無理です(笑)。
 
(撮影:蔦野裕)
 
【関連記事】
https://jgweb.sakura.ne.jp/cms/33744
https://jgweb.sakura.ne.jp/cms/33168
https://jgweb.sakura.ne.jp/cms/33119
https://jgweb.sakura.ne.jp/cms/32830
https://jgweb.sakura.ne.jp/cms/33485

最新情報をチェックしよう!