【レッスン生応募締切8月9日(水)】夢を叶えるなら! サンミュージック・アカデミー<WEB版>

『JG』最新号(Vol.92)掲載「夢を叶えるなら! サンミュージック・アカデミー」のウェブ版。芸能界に興味のある方はまずはチャレンジ! 今回は、現役レッスン生の中原敏宏さんと小澤翔太さんに、サンミュージック付属養成所「サンミュージック・アカデミー」の魅力を聞きました!
 
――入所のきっかけ
 
小澤 きっかけは、高校2年生のときに新聞で見た入所オーディションの案内。小学生の頃から役者の仕事に憧れていたので、直感で「いましかない!」と思って、受ける決心をしました。演技未経験でしたが、水泳部で真っ黒に日焼けした姿が印象に残り、受かったそうです(笑)。
 
中原 僕は、中学生の頃は演劇部、高校卒業後はダンスやミュージカルを習っていたのですが、20歳を機に、特技のダンスやモノマネを活かした“動けるふとっちょ”として活動したいと。受けるなら、俳優にもお笑いにも強い強いサンミュージックと決めていました。
 
――レッスンの魅力
 
中原 高校生から役者歴の長い方まで、幅広い人たちと一緒に学べること。考え方が違って、勉強になります。
 
小澤 さまざまなキャリアをもつ役者や演出家、監督のレッスンを受けられるのも魅力。現役の監督の方が行なう実践的なレッスンでは、現場の雰囲気も体験でき、即応力も身につきます。
 
中原 オーディション対策のレッスンは本当に受けていて良かった! 発想力と即興力が鍛えられ、引き出しも増えるので、本番の無茶振りにも対応できます。
 
小澤 最近では、胸や鼻など、体のメカニズムを意識した、役者向けのボイス・トレーニングも斬新でした。
 
――入所希望の方へのメッセージ
 
小澤 迷っているなら、まず飛び込んでみてください!
 
中原 入所後、壁にぶち当たることもありますが、諦めないでください。僕は、2年間オーディションに落ち続け、何度も落ち込みましたが、その度にマネージャー、講師の方々が励ましてくれました。
 
小澤 スタッフの皆さんは、親身になって悩みを聞いてくれるし、ダメ出しもしてくれる。
 
中原 大きい事務所でレッスン生も多いので、見限られないか心配でしたが、そんなことはなく、ずっと見守って支えてくれました。そこもサンミュージック・アカデミーの良いところです!
 
★★★応募締切8月9日(水)★★★
サンミュージック・アカデミー
【東京校】2017年10月入所レッスン生募集中!
(小中学生コース/専科:演技コース、お笑いコース)
入所オーディション日:8月19日(土)
入所オーディション料は無料。
申込はコチラ!→http://www.sunmusic-academy.jp/
 
【中原敏宏(なかはら・としひろ)】
1991年東京都生まれ。タカラトミーのYouTubeチャンネル『立石学園』にサブMCとして出演中。憧れのタレントは、ホンジャマカの石塚英彦さん。
【小澤翔太(おざわ・しょうた)】
1993年滋賀県生まれ。今秋公開の映画『Music Of My Life』(配給:ユニバーサルコネクト)に出演。夢は、日本アカデミー賞最優秀助演男優賞受賞。
 
【関連記事】
https://jgweb.sakura.ne.jp/cms/28272
https://jgweb.sakura.ne.jp/cms/28570

最新情報をチェックしよう!